南しんやプロフィール

cropped-figure5.jpg

<南しんやプロフィール>

趣味 : 食べ歩き、筋トレ、映画鑑賞、アメフト観戦

出身地 : 東京都足立区

居住地 : 東京都渋谷区

こんにちは!

南しんやです。

ここで俺の自己紹介をしたいと思います。

現在50歳の独身男性です。(平成29年6月現在)

高校3年生の時に、俺は初めての彼女と言える女性が出来ました。

1学年下で、年齢ももちろん1歳下の女性です。

俺の高校は男子校で女性が全くいないので、

同じ高校の友人と二人で、共学の公立高校の学園祭に行きました。

そこでお好み焼きだかを同級生二人で売って歩いていたのが彼女でした。

お好み焼きを買ったついでに、女性の名前を聞き、

後日その高校の友人に名簿を貸してもらい、連絡先を調べてその女性に連絡し、

学園祭の時に出会った男性2人対女性2人で会ったのが事の始まりでした。

俺が高校卒業間際に、その恋人を自分の一人暮らしをしている部屋に

連れ込むことに成功しました。

セックスのイメージトレーニングはしっかりとしていたつもりでしたが、

余りの緊張のため、押し倒してセックスすることは出来ませんでした。

何もせずにそのまま女性を帰してしまうしか出来なかったのです。

その童貞を喪失しそこねた18歳の時から5年が経った23歳の大学4年生の時に、

やっとこさ記念すべき童貞喪失の時がやって来ました。

相手女性は19歳の専門学校生で処女でした。

容姿はいたって普通です。

渋谷のディスコ「ラ・スカラ」で連絡先を交換した女性で、

ディスコで知り合ったと言っても、性格は真面目な女性でした。

デートではまず最初に上野の居酒屋に行きました。

そこで恋愛話などをして、お互いに恋人がいないのを確認した後、

「じゃあ、俺達気が合いそうだし、これから付き合ってみようか!」と俺は言いまし

た。

女性はOKともNOとも言いませんでした。

そしてさも言い慣れた感じで、

「ちょっと休んで行こうよ!」と俺は言いました。

落ち着いている感じで言いましたが、俺の心臓はもちろんバクバクでした。笑

上野にあるホテル「レインボー」に入りました。

おしりの穴と間違えずに女性の膣の中に俺の「うまか棒」を何とか挿入し、

俺の遺伝子入り濃厚コンデンスミルクを発射することに成功しました。

やっと記念すべき童貞と処女の喪失の瞬間を迎えることが出来たのです。

女性は交際することに同意したわけではなくて、迷っていました。

俺はただホテルに行くいい言い訳がほしくて、

「これから付き合ってみようか!」と軽い口調で言っただけでした。

その女性とは1回セックスをして、二度と会うことはありませんでした。

しかし、童貞を喪失して晴れて男になれて、俺はとてもうれしかったです。

そして俺は社会人になり、そこで中高大とエスカレーター式の大学に通っていた、

女友達の多い同期の友人と知り合いました。

彼は女友達がたくさんいるので、たくさん合コンの話を持って来てくれました。

参加した俺達もお返しに合コンを開催したりしたので、

多い時には週に5回も六本木で合コンをした時がありました。

そして俺は23歳から35歳までの12年間に30人の女性とセックスすることが出来ました。

俺が良くやったデートコースは、

「渋谷の居酒屋(一次会)→渋谷のバー(二次会)→渋谷のラブホテル」

が鉄板のゲットコースでした。

一次会である「渋谷の居酒屋」はその時の気分で、適当な居酒屋に行っていました。

二次会の「渋谷のバー」で良く利用していたのは、

「△△△」[渋谷音速ゲットマニュアル(2017年版)のダイニングバーに収録]でした。

カウンター席を良く利用しました。

渋谷のラブホテル街のすぐ近くなので、移動しやすくて使い勝手が良かったのです。

自分でも驚く位に女性は自動的に股を開き、セックスさせてくれました。

今思うと、俺の若いルックスと肉食系の押しで、セックスを量産出来たのだと思い

ます。

35歳になって、その合コンの幹事をしていた友人が、

何とお見合いパーティーで知り合った、

お見合いパーティーの受け付けをしていたスタッフ女性と結婚してしまい、

それ以後合コンが全くなくなってしまいました。

俺も仕事の忙しさにかこつけて、出会いの場所に行かなくなりました。

さすがにこれはまずいと思い始め、30代後半になってからは

異業種交流会(出会いパーティー)に頻繁に顔を出すようにしました。

しかし全く成果が出ずに、35歳から43歳までの8年間は

女性と付き合うことも、セックスすることも全く出来なくなりました。

将来に対する絶望感をひしひしと感じていました。

40代初めに、異業種交流会(出会いパーティー)で知り合った男性に、

ある恋愛スクールの無料セミナーに誘われ参加しました。

そこで刺激を受けて、以後真剣に恋愛活動をすることとなりました。

今までの自分の恋愛観を一掃し、頭を真っ白にして、

恋愛で成功している男性の価値観や考え方に自分を変えて行きました。

服装もだっぷりとした、昔はやった大きめのファッションから、

体にフィットしたファッションに変えました。

43歳の時に、決定的な瞬間をやっと迎えることが出来ました。

相手女性は、銀座の踊るクラブで知り合った40歳のOLでした。

クラブ内では少ししか話しませんでしたが、何とかデートにこぎつけました。

デートでは、最初に渋谷のすし居酒屋「□□□」[渋谷音速ゲットマニュアル(2017年

版)の夜景の見えるところに収録]に行きました。

すしのコース料理でお腹を満たした後、

次にそのひとつ上の階のバー「○△△」[渋谷音速ゲットマニュアル(2017年版)の

夜景の見えるところに収録]に行きました。

カクテルを飲んた後、意を決し、勇気を出して、さも言い慣れている感じで、

「ちょっと休んで行こう!」とバーの中で女性に言いました。

俺の心臓はまさにどきんどきんでした。

女性は店を出る前にトイレに行きましたが、

帰って来るのにとても長く時間がかかったのを覚えています。

たぶん、トイレの中でしっかりとお化粧直しをしていたんでしょう。

女性は手をつないでホテルに入るところを見られたくないとのことで、

手をつなぐのは拒否されました。

でも、しっかりと俺の後には着いて来ます。

そしてラブホテル「○△×」[渋谷音速ゲットマニュアル(2017年版)のホテルに収

録]に入って行きました。

そしてやっと8年間の第二次童貞を喪失することに成功出来たのです。

すごくほっとしました。

涙が出て来そうでした。

その後、ナンパを開始して、

ナンパでも女性をたくさんゲットすることが出来るようになりました。

平成26年7月に、47歳にして人生累計100ゲットを達成することが出来ました。

平成27年10月には40代の5年7ヶ月間で100ゲット(人生累計130ゲット)を達成し、

平成29年5月1日現在では、人生累計151人の女性をゲットしています。

30代までで30ゲット、40代で116ゲット、50歳で5ゲットと、

40代から50歳までで、30代までの4倍以上のゲットをしました。

2014年9月に渋谷デートショップマニュアルである

「東京音速ゲットマニュアル」を発行しました。

2015年9月にその2016年版である「東京音速ゲットマニュアル(2016年版)」

(渋谷デートショップマニュアル)を発行いたしました。

そして2015年12月にナンパの解説商材である「ナンパが大好きになる方法」

発行いたしました。

2016年3月にはおじさんのpairs攻略法である

「おじさんが20代女性をゲットする方法」を発行するにいたりました。

このマニュアルでは、20代女性と知り合うことの出来るたくさんの手段の中で、

特に出会い系サイトの中の「pairs」について詳しく説明しています。

また、2016年5月には出会いの方法を網羅した

「かわいい女性と出会う方法」を発行いたしました。

また、2016年8月に改定新著「渋谷音速ゲットマニュアル(2017年版)」

(渋谷デートショップマニュアル)を発行いたしました。

2016年9月には「南恋愛塾」を開講いたしました。

これは恋愛の個別指導塾であり、毎月1回の面談があります。

半年間で急速に恋愛力を付けてもらい、

半年間で交際相手や結婚相手を作ることを目標にした恋愛塾となります。

また2017年4月には「出会い系サイト攻略塾」を開講いたしました。

これは3ヶ月間でpairsなどのFacebook連動型の出会い系サイトを攻略する塾となります。

毎月4人以上の新規の女性とデートをすることを目標にしています。

恋愛活動や結婚活動にいそしんでいる40代以上のおじさんや、

童貞であったり恋愛から永らく遠のいている男性のために、

私は日夜恋愛コンサルタントとして、

現在がんばっています。

これからも南しんやをどうぞよろしくお願いします。

南しんや

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする